車売るなら中古車販売店|売却時に必要な書類

お金

取引で必要な書類

車

車売るなら、まずは書類集めが必要です。車の詳細を示す自動車検査証が必要になるのと、きちんと車の税金を納めていることを証明する納税証明書も必要です。また、他の人の売る場合は譲渡証明書と委任状も必要となります。他には強制保険と言われている車を所有する上では必ず入らなければならない自賠責保健証も加入を証明するために必要な書類です。乗っていた所有者の詳細情報を提示するために住民用も必要となってきます。これらの書類を集めたうえで初めて売ることができるのです。それは新車売るにしても中古車売るにしても同様です。その他の車検を通す場合であったり、抹消手続きなどでも必ず何かしらの書類が必要となります。

車を売る際に車検が切れている場合は、普通車の場合は車検を入れなおす必要があります。車検を通すとなると陸運局まで運送が必要となりますが、車検が切れたままで公道を自走することはできません。その場合、各市区町村の役場にて仮ナンバーを発行してもらって初めて道路を走行できるようになるので、それで車検を通した後に車庫証明を行ない、名義変更ができるようになるので大変手間がかかります。軽自動車の場合は、名義変更時に車検のあるなしは関係ありません。いずれにせよ車検を通す場合は自走が可能な車検の有効期限内で通したほうが断然楽です。
このように車種によって名義変更などができる条件、必要書類などにも違いがあるので不明点があれば陸運局に問い合わせるかネットで調べてみるとよいでしょう。

オークションを使って車を売るとなった場合、書類の手続きや陸送や船を使って運送といった手間がかかります。他県同士でのやり取りであれば、書類の郵送などの際に届かないという事態も起こりかねないのでそういったリスクがあることも理解したうえで取引するようにしましょう。

車種による価値の違い

自動車

車を高額で売却するためにはまずは自分の車の価値を知ることが重要である。しかし、愛車の価値を知らずして最高額で売るというのは難しい話だ。そこでいくつかの店舗で査定をしてみて相場を知ったうえで最も高額な店舗探しをしてみるとよいだろう。

Read

買取価格は店舗で異なる

女性

車売却時の価格は、早めに売らなければその価値はどんどん下がっていくばかりです。また、売る店舗によっても買取価格の査定の判断基準が異なるので、一括査定サイトでいくつかのサイトを比較したうえで判断してみるとよいでしょう。

Read

壊れていても売れる理由

カー

なんらかの理由により事故に巻き込まれてしまい、そのまま自宅に事故車を放置していると自動車税がかかってきてしまいます。乗らない車に税金を納めることになる前に、販売業者に買い取ってもらいましょう。

Read